転職の選考では履歴書と健康診断書との整合に注意

転職に際し、企業は応募者に対して最終選考時または最終選考後に健康診断書の提出を求めることがあります。これは当然のことで、応募者が入社後に病気を発症した時に、それが持病なのか新たに得た病気なのかを知る必要があるからです。新たに得た病気である場合は、企業の職場環境に問題がある可能性があり、状況次第では補償が必要になることもあるでしょう。また反対に持病があることがわかった場合、その応募者を採用することがリスクになる場合もあります。

 

大企業であれば健康診断ができるような施設を自前で持っていることもあります。しかし一般的にはそこまで整えている企業は少ないので、応募者が病院などで健康診断を受けに行くことになります。決して安い費用ではありません。しかしこの費用は応募者の自己負担と考えておくべきでしょう。少数ながら、健康診断を応募者に要求するのは企業の側だからその費用を負担するという企業もあるかもしれません。しかしこれは例外的少数派です。

 

このように企業は応募者に対して健康診断を求めることが多いので、応募者は平素の健康状態をみずから良く把握し、応募書類である履歴書の健康状況を記す欄にもありのままを記述し健康診断結果と整合している必要があります。やはり履歴書上では「健康状態良好」と書いても、健康診断で逆の結果が得られた場合には相手に与える印象もかなり悪くなるはずです。

 

社会人にとっては自らの健康管理は仕事以上に大切な要素です。自己管理能力がない人に仕事は任せられない、と転職希望先企業が考えるのも当然と知るべきでしょう。