転職の履歴書と年収が下がることについて

転職における履歴書は、職務経歴書と呼ばれる転職前の職務経験を記載するのが一般的です。この書類を持って今までにどういった経験を積んでいるのか、あるいは業務に関係する資格はどういったものがあるのかなどを判断し、その他就労希望者と比べてどうだという見方をすることもあります。
転職では大抵の場合は最初年収が下がるのが一般的です。無論、ヘッドハンティングを受けるような場合はその限りではありませんが、そういったケースはよほどまれで、滅多にありませんし、ヘッドハンティングされるような人は特殊な資格やその業界でよほど有名であったりするなど何かしら他の人とは違うものを持っているものです。
いずれにしても就労を希望する際には、その応募先でどういった貢献ができるのかやどうして希望したのかなどを詳細に記載する必要があります。また、その書類審査が通過した後に行われる面接試験ではその履歴書や職務経歴書に記載した内容と相違がないかどうかをしっかりと確認する必要があります。ここで矛盾点があれば、面接官側から鋭い質問がなされるのは必定です。矛盾がないように事前に送付した書類はコピーを取るなどして残しておくことが大切であると言えます。