転職に伴う引き止め工作対処と履歴書作成

終身雇用の崩れ始めと共に、転職を希望する労働者が徐々に増えつつあります。社会背景としては、外資系会社の日本国内への参入や、低迷する景気により会社の存続が心配される状態になっている事などが原因となっています。そうした希望者が、今の会社を辞める時のトラブル事項として、会社からの引き止め工作に合う事があります。新しい職場で充実した仕事をするためには、まず、今の会社をスムーズに辞める必要があります。しかし、引止め工作にうまく対処できなければ、ズルズルと退職が長引く事もあります。そこで退職時に注意すべき点があります。まず転職の意向は自分がやめる時期を逆算し、1ヶ月前までに伝える必要があります。これは社内規定でも定められている会社が多いので、確認をしておく必要があります。次に、その意向を伝えるのは直属の上司に伝える事が良いでしょう。上司は監督責任があるので、上司を飛び越えて会社に話をする事はトラブルを招く原因ともなります。そして、一番多い事例は待遇の改善を理由に引き止められることです。その改善案を出されても、当面の間は改善されるでしょうがが、すぐに元に戻ってしまう可能性もあります。一度辞めると決めたのなら感情に流されず、潔く辞める事が大切です。では、逆に転職先に対する注意点です。転職においての履歴書提出は言うまでもなく必要です。最近ではパソコン普及により、ネットから履歴書のフォーマットをプリントアウトする事もあります。その時に、紙質にもこだわる事も大切です。履歴書もスーツも見た目が大事という事ができます。丁寧な文字はもちろんの事、紙質での印象も判断材料となってくるでしょう。